出会いアプリのOmiaiを体験してみた

はじめまして、社会人3年目になる私です。仕事にも慣れてきて、また、重要なことなんかも任されるようになってきたので、けっこう楽しく日々過ごしてるんですが、昨年のお盆休みのときに両親から地味なプレッシャーをかけられて、ちょっと現実をつきつけられちゃったなぁ、みたいな。今まであんまり考えてなかったんですが、そろそろ“結婚”する歳なんだよなぁ、と。確かに、地元の友達なんかはもうバンバン結婚していて、この間子どもができたとか、そんな情報をよく耳にしてるのも事実。そういう話題になっても、どうも自分のこととは結びつかず、他人事みたいなかんじだったんですけど、両親から結婚というワードを聞いて、急に私もその気になってきた んです。とはいっても、じゃあすぐに結婚しましょうとはいかないのが悲しいところ。もう2年も彼女もいないし、しかも私の職場は見事なまでの男社会。女子との出会いのきっかけが本当に少ないんです。そんな状況なので、徐々に結婚欲が薄らいでしまいがちなのかなぁと。今さらまわりの人に飲み会のセッティングなんかも頼みづらいし、はてさて、出会いのチャンスをゲットするためにはどうしたらいいものかという悩みをずっと抱えていた折、通勤帰りの電車の中でスマホをいじっていたら、面白そうなアプリを見つけたんです。それはいわゆる「婚活アプリ」。ガラケー時代にはちょこちょこ出会い系サイトにちょっかいを出していたのを思い出し、まぁそんなものかなぁと軽い気持ちで、とあるアプリをダウンロードしてみました。が、これがとんでもなくサクラだらけのアプリで、まったくいいところがありませんでした。そんなことから持ち前の研究心に火がつき、いろいろなアプリに手を出してみました。なんだかんだで半年以上の調査(?)期間を経て、これだ!というアプリにたどり着いたので、今回はそれを大々的に紹介したいと思います!

【私が選ぶベスト婚活アプリ『omiai』】
 

さて、私がダウンロードして試した婚活アプリは、30個以上。大半がぶっちゃけ使いものにならなかったんですが、いくつかはかなり好成績を収め、しっかり出会いの機会を作ってくれました。それらのアプリには傾向があって、もっとも大きい要素はずばり「Facebook」と連動していることかと思います。Facebookと出会いのきっかけの関係性は? と頭の中にクエスチョンマークが出る方も多いと思いますが、これに関しての回答はいたってシンプル。それは“身元の証明”です。Facebookとはどういうものかをいちから説明することはググってもらうとして、ではなぜこうした婚活アプリがFacebookと連動していたほうがいいのか? 私なりの見解としては、(ほぼ)実名で参加している人が多いこのサービスなので、出会い系アプリなどでありがちな“サクラ”の心配が少ないことが、まず挙げられると思います。これは男性サイドからの感覚だと思います。逆に女性から見ると、Facebookをやっているということはある程度ちゃんとした人、そういう人がたくさんいるから、ありきたりな出会い系よりも安心できる…という認識の人が多いようです。
とはいえ、Facebookと連動している婚活アプリ、今はかなり増えてきているので選ぶのもひと苦労かと思います。そんな数あるアプリの中で、私にもっとも出会いのきっかけを与えてくれた『omiai』を強く推します。まずはこれから試してみるのが、出会いへの最短ルートになるかと思います。
そして、もうひとつ。私が出会いのきっかけを数多く掴めたこともさることながら、もうひとつのオススメのポイントは、ずばり『omiai』がFacebookと連動した婚活アプリの元祖なのだそう! よって、それだけ歴史が深い、つまり参加している女の子の数も多い! というわけなんです。
ということで、ずいぶんと前置きが長くなってしまいましたが(反省)、私のオススメアプリ『omiai』についてこれからいろいろ解説していきたいと思います!

【Facebookと連動させるの…ちょっと不安!?】
 
ということで、ここからはいよいよ本題となる出会い・婚活アプリ『Omiai-フェイスブックで出会い』の使い方などを紹介していくわけですが、その前に肝心なこと。アプリをダウンロードしておきましょう。ちなみに、この『omiai』は、Android、iPhoneそれぞれがありますので、お使いのスマホに応じてGoogle PlayやApp Storeからアプリをダウンロードしてください。検索方法はダイレクトに「omiai」と検索すれば大丈夫です。
ダウンロードが完了してアイコンをタップすると、早速Facebookと連携する旨が表示されます。
ここでひとつ気になると思うのが「婚活アプリを使っていること、友だちも分かってしまうの?」ということではないでしょうか? 実際、私もちょっと心配だったんですが、とくにそれを知られて困ることもないので、あまり気にせず連携してみたところ、私が『omiai』を使っている痕跡はまったく表示されません。Facebookをやっている親友に「こういうのを使い始めたんだけど、なにか表示されている?」と尋ねてみたところ、全く知らなかったという答え。
ということはアプリ側の説明にもあるので、そこまで疑う方もいないとは思いますが、念のために私の経験談をお伝えしておけば安心かな、と。
こうした安心感に加えて、Facebookはtwitterとは異なり、ひとりでいくつものアカウントを持つことはあまり現実的ではないと思います。なので、業者がサクラとして入り込む余地もほとんどない、といっても過言ではないかと思います。とはいえ、なかにはちょっと怪しい感じの人も出てくるのですが、そういう人は運営側から速攻で削除されますので(実際にこういうケースを体験しました)、各種管理体制はかなりしっかりしているようなので、まずは安心してダウンロード、そしてFacebookでログインしてもらって大丈夫です。

【プロフィールは手間ひまかけて】
 
『omiai』をダウンロードし、Facebookと連動すれば、基本的にはもう出会いを探す旅を始めることができます。ただ、これだけでは本当に超基本的なプロフィールしか登録されませんので、新しくOmiai-フェイスブックで出会い-用に各種プロフィールを充実させる必要があります。とはいえ、ほとんどの項目が選択式になっているので、そんなに時間をかけずにサクサク進められでしょう。
こうしたサービス、出会いを求めるものでキモになるのが、やはり“自己紹介”の文章です。これをサクッとしかも女性の気を引けるように書くのは、誰しもがおもいっきり頭を悩ませることではないでしょうか? 実際、私も婚活アプリを始めた当初はここにかなり時間がかかりました。ていうか、仕事でもこんなに真面目に文章を書くことはないのに…とか思いつつ。でも、たくさんこなしているうちに自分なりのフォーマットができて、という流れでそれなりにこなせるようになるんですが、そんなことをしている人は少数かと思います。では、皆さんもがんばってたくさん書いてください! とはならないのでご安心を。そうなんです、『omiai』には「同性人気会員のプロフィールを参考にする」という、私からいわせてもらえば“神”機能が備わっているんです!
これはその名のとおり、同性(私からみると男性ですね)の人気会員がプロフィール、特に自己紹介のところにどんなことを書いて自分をアピールしているのかを、こっそり見られる機能なんです。これはとても参考になるので、ぜひチェックしてみてください。あ、超お約束事項ですが、コピペは絶対NGですからね。そんなことしてもなんの得もありませんから。あくまでも“参考資料”として、それをベースに自分なりのオリジナリティを出しましょう。書くコツとしては、ウソはダメだけど多少の「盛り」はギリセーフかなというところ。また、自分で少しでもいいところだなと思うところがあれば、そこをありきたりではない言い回しでアピール、といったところでしょうか。一度公開した後も修正は可能なので、時々また読み返してみて、パーフェクトのデキを目指すのがいいと思います。

【出会いのチャンスを確実にモノにするために】
 
なんとか自己紹介も書けた! よし、次…と言いたいところではありますが、ついでにもうひとつ。女性からの返信率をアップさせるために「詳細プロフィール」もやっつけてしまいましょう。これは記入したほうが返信率が上がるとアプリでも紹介されていますし、私の経験からも実証されています。実は、最初ちょっと面倒なのでここをパスしていたんですが、ちょっと暇ができたのでなんとなくここも埋めてみたところ、女性からの足あとがよくつくようになったんです。こうしたことプラス、私が女性を探しているとき、あまりにもプロフィール欄が薄い、少ないと「この人やる気あるのかな?」と思うことがあったんです。男性が女性を見てそう思うんであれば、女性が男性のプロフィールを確認する時はもっとそういうふうに感じるんじゃないかなとも思った次第です。やはり、用意されているプロフィール項目をしっかり答えることは自分の誠実さ、そしてなにより“真面目”に出会いを求めているんだというアピールにつながるのではないでしょうか。ほぼ選択式なので時間もさほどかからずに回答できると思うので、後回しにせずに最初の段階でこの「詳細プロフィール」を完成させましょう!

【面倒なことは先に片づけておいたほうがいい】
 
なんだかんだで時間がかかるプロフィールの登録、入力が完了するとそれだけでホッとし、早く次の段階に進みたくなるのは十分にわかりますが、ここでもうひとつやっておいたほうがいいことがあります。それが「年齢確認」です。とりあえず無料でお試しだから、そこまでやらなくてもいい。年齢確認をするのが面倒。という意見もあるでしょうが、無料会員でのスタートでも効率的に出会いのきっかけを作るチャンスの幅を広げられるのが、この年齢確認なんです。メリットとして「相手の受信いいね!数」と「年齢確認済みか」という2点が分かる……初見だとこれらの利点がわかりづらいですよね? 個人的には前者の、相手の受信いいね!数がわかることがすごくいいことだと思っています。またのちほど詳細は書きますが、たくさんいいね!をもらっている女性は、ライバルが多いということになります。Omiaiを長い期間利用していていいね!の数が増えることは自然のことですが、登録して間もない女性にたくさんいいね!がついている場合は、ハッキリいってなかなか出会いまでたどり着けないと思ってもらっていいでしょう。これは私のスペックやビジュアルが大したことないせいかもしれませんが(笑)。もしあなたが抜群のプロフィール、そしてイケメンならば気にならないことですが、一般的なメンズで考えると、なるべく相手のいいね!数が少ない人を狙ったほうが効率よく出会いのチャンスを掴める、というわけです。
年齢確認の方法は免許などの身分証明証をスマホで撮影すればOK。この時、証明証を全部見せる必要はなく、生年月日だけが分かるようにすれば大丈夫です。これならば万が一のことがあっても、個人情報の流出にはつながらないと思います。
最後にひとつ注意点ですが、年齢確認はOmiai登録から1週間以内に行わないと無効になってしまうので気をつけてください。

【コスパで考えれば決して高くはない】
 
さて、登録系の話が続いているので、そろそろ次の話題で終わりにしましょう。Omiaiですが、ズバリ有料会員じゃないとその真価というか真髄に触れられない、ぶっちゃけると、出会いのきっかけはゲットできないと断言します!
初めは無料会員で、というのも悪くありませんが、このままではできることが少なすぎて、実際に出会うというところまでは、ほぼたどり着けないのでは? と思います。
これが月額3980円払うだけで状況は一変。Omiaiのメリットをフル活用できるようになりますので、一気に出会いのチャンスが広がります。パッと見、かなりのお値段に感じて腰が引けてしまいますが、なにも数年間払い続けるものではないと思いますし、合コンや街コンなどに参加して払う金額からしたら、ずいぶん安いと思います。リアルなイベントに1回参加するぐらいの金額で、それらではけっして実現できないアプローチ数を考えたら、抜群のコスパ……だと思うんですが、いかがでしょう?

【いよいよここからが本番?】

 
いろいろと登録系の紹介をして、それがまた結構な分量になってしまったのでゲンナリしている方も多いと思います。すみません、でもこれらは出会いのためにはどれもとても重要なことなので、ないがしろにできないんです。と、謝ったところで本題です。
Omiai-フェイスブックで出会い-を使って女性との出会いのきっかけを掴むにはどうしたらいいか? それは、とにかく「いいね!」しまくること! これだけです。と書いてしまうとこれだけで終わってしまうので、もう少し詳細を説明しておきましょう。
いいね!をしまくる、といってもこれには上限があるだけではなく、女性によっては1回に5いいね!が必要だったりするので、なにも考えずに条件反射でいいね!をすると手持ちがあっという間に底をつく、なんていう事態に陥りがちです。最初の1週間はログインするたびにまとまった数のいいね!がもらえるので、まずはそれを受け取って、どんな女性がいるのか? をリサーチするのがオススメ。そして、1週間経ったらそこから一気にいいね!攻勢をかける、と。
これだけでは物足りないので、もうひとつポイント。それは、女性のチェックの仕方。これはもう「新メンバー」の中からいいね!の数が少ない女性を重点的にチェックすること、です! おすすめ順などさまざまな項目がありますが、最初のうちはとにかく新メンバーから探すのがベスト。相手も慣れていませんし、慣れていない同士で盛り上がる話もあると思いますので、それを意識してみましょう。

【相手からのいいね!が出会いのスタートライン】
 
こちらから「いいね!」を送りまくっていれば、そのうち女性からもいいね!が返ってきます。というよりも、くるはずです。その返事があれば、そこでひとまずのゴールである、マッチングとなって女性とメッセージのやりとりなどができるというわけです。お互いにいいね!の関係になれば、1対1でメッセージに進めるという、わりとシンプルな流れです。ここまでが一番大変かもしれません。が、相手にもいいね!をしてもらってマッチングした時の感動といったら……。その感動を続けるために、ちょっとここで生々しい話をひとつ。実は、有料会員になっていないと、こちらからメッセージを送る、相手から届いたメッセージを確認するという超大切なことが一切できないのです。さきほど、有料会員のことを説明し、それとなく勧誘(?)したのもこのためなんです。もし、ここまできて有料会員になっていなかったら、残念ですがもう一度お気に入りの相手にいいね!をすることからやり直しなんです……。ということで、予め有料会員になっていたほうが、効率的であるということも改めて説明しておきます。
話を戻して、マッチングとなったら一応礼儀として挨拶も兼ねてお礼のメッセージと一緒に、これからメッセージのやりとりが捗るようになにか質問的なこともひとつ添えて送ってみましょう。その質問ですが、相手のプロフィールからなにかひとつチョイスしてみるとのがオススメです。ちなみに初めからディープな内容を聞いても仕方ないので、あくまでも軽い感じで。なおかつ、メッセージのキャッチボールを続けたくなるような雰囲気にしましょう!

【Omiaiでやりとりを続ける?】
 
マッチングしてからしばらくはOmiaiでメッセージのやりとりをするという流れになりますが、個人的にはここでそれを長く続けるのはあまりオススメできません。頃合いを見計らってLINEなどのプライベートなやりとりができるところに誘導するのがベストだと思います。そういう誘いをしないと、女性は「この人、私にあまり興味がないのかな?」と思ってしまうようなのです。とはいえ、あまりにも早い段階で「LINEのID教えてよ!」というのも、相手に不信感を与えてしまうようなので、その加減が難しいんですが。個人的に目安にしているのは、相手の返信ペースがそれまでよりも早くなった時。そういうタイミングで「せっかくだからLINEでやりとりしない? そのほうがこっちもすぐに返信できるし」みたいな感じで誘ってみると自然に、かつ相手を警戒させることなく、IDを教えてもらえると思います。ただ、相手によってはじっくりとOmiaiでのやりとりを重ねてから、という場合もあるので、これはあくまでもケースバイケース。逆にこれを早い段階で聞いてしまうのもありだと思います。それであまりいい反応がなかったら、その人はちょっと脈なしかなということで次に進む、という作戦も時々織り交ぜています。
とにかく、こちら(男性)が女性をリードすることが出会いにつながりやすいというのは私の経験上間違いないので、勇気を出してOmiai外でのやりとりという一歩を踏み出すことを最初から意識してください!

【出会えるまでにはどれぐらいの期間が必要だった?】
 
ここまで長々と私の経験を踏まえて、Omiaiを利用しての出会いまでのプロセスを書いてきましたが、恥ずかしながら今度は私の実体験を書こうと思います。私の成功パターンのいくつかを紹介すれば、皆さんにも出会いまでのイメージをつかんでもらいやすいかと。ということで、最初は記念すべき、初めて出会えた時のことを紹介していきます。
Omiai-フェイスブックで出会い-を初めてわりとすぐに何人かと出会いができたんですが、私が慣れていないせいもあり、2〜3回メッセージのやりとりをしたぐらいで相手からの音信がパタッと途切れることばかり。なにが悪いんだろう? と客観的に研究してみたところ、硬すぎるということに気づきました。あとは先ほども書きましたが、質問ばかり。ここに気をつけ、新しくマッチングできた人とメッセージのやりとりをしてみたところ好感触。ただ、ここで盛り上がりすぎてしまい、そこから先に進みづらくなってしまいました。今さらLINEとかに誘うのもなぁみたいになってしまい、これ以上この人とやりとりしても時間の無駄に感じ、そこで終了しました。と、ここまで気づくのにおよそ1ヶ月半。これ以降は「相手にはソフトに、ちょっと馴れ馴れしいかな?ぐらいの気持ちで」「やりとりが続かない質問は極力避ける」「適当なところでLINEに誘う」という3点を意識してみました。そこからだいぶ道が開けた感じで、1週間ほどでひとりの女性とマッチング→Omiaiでやりとり→LINEでメッセージ→実際に会ってみるというところまでこぎつけられたんです!

【1回出会えてしまえば、あとはトントン拍子?】
 
初めての出会いは、マッチングしてから約1週間という短期間での出来事でしたが、私的にはここが最もメッセージのやりとりをしているかも? というほど、マメにコミュニケーションをとるようにしました。実は、ここが相手に私の印象をよくすることができた部分でもあったようです。ノリの良さに助けられたのがこの成功の大きな理由ですが、やはりこちらのリードが出会いまでには重要だということがよく分かりました。そうそう、初めて会った人ということもあり、今まで気になっていたことをいろいろ聞いてみました。まずはOmiai-フェイスブックで出会い-での私の印象は、本気度が伝わってきたとのこと。やはり一生懸命プロフィールを充実させたかいがありました。結構男性はテンプレートのままだったりするケースが多くて、そういう人ほど「早く出会いたい」ということをすぐにアピールしてくるそうです。もちろん、こういうのは絶対NGなのは言うまでもありませんよね。ただ、その人が言うには、いつまでも誘ってこないのもやっぱりよくない、と。ある程度メッセージで盛り上がれたら、実際に出会いたい、というかそれが目的なので当然のことと言えばそうなんですが。意外とウジウジしてしまう男性が多いようです。Omiaiで全てが決まるわけではなく、あくまでもこれは出会いのキッカケづくりのためのもの。なので、一度ダメでもどんどんいろいろな人にアプローチしてみる…というのが男女問わずに重要、ということを教えてもらいました。

【成功事例が増えれば成功率も格段に上がる】
 
最初に出会えた女性は素敵だったんですが、せっかくいろいろと今後のOmiaiでの活動に使えそうないい話をたくさん聞けたので、引き続きほかの女性とも会ってみたいなぁということで、新たな活動をすることにしました。今までの経験、そして聞いた話を総合して諸々を改良して試してみたところ、ずいぶん打率が上がりました。なので、1回でも会うことに成功できれば自信もつきますし、それよりも自分の中での成功パターンができて、それにうまく持っていければ、実際に会うっていうのは意外と簡単かも? と思った次第です。そして、いろいろな人に会うたびに「なぜ会ってみたのか?」「どんな人はNG?」ということをそれとなく質問して、それ以降にフィードバックしていく…という流れもよかったのかなと思います。そういう質問の答えはだいたいこれまでに紹介した内容で、人によって大きく異なるということはありませんでした。
そうそう、後のほうで言われてハッとしたのが、どんなメッセージでも長文になりすぎるのはよくないということ。たくさん書いたほうがこちらの気持ちを伝えられる? と思いがちですが、女子的には短文でポンポンとメッセージのやりとりをするほうが楽しいようです。とくにLINEに移行したら、既読後は速攻でレスするのが肝心とのこと。既読スルーで半日以上経過すると、すっかり冷めてしまうそうです。この辺も十分に気をつけたほうがいいと思います。大変かもしれませんが、出会いとともにこうしたノウハウの積み重ねも楽しみのひとつなのかもしれません。

【プレミアムパックってどうなのよ?】
 
Omiaiをやっていくうちにぶつかる壁(?)は、相手のプロフィールをプレミアムパックに登録していないと見られない、という問題。私はこれには入っていないので、あくまでも個人的な感想ですが、予算に余裕があるならば登録してもいいのかなと思います。メリットのところをチェックすると、あまり遠回りせずに出会いのチャンスがめぐってくるように感じます。私も何度か登録してみようかなと思いましたが、いかんせん予算が…。もし、それを気にせず、どうしようかなと悩んでいるならば、ぜひ登録することをおすすめします。当然のことですが、プレミアムパックを使わずとも出会いのチャンスはたくさんありますので安心してください。個人的な印象では、高速道路で行くか下道で行くか、みたいな? 当然高速道路を使ったほうが目的地(出会い)に早くたどりつけますよね。下道でのんびり、まわり道をしてそれも楽しむ…というのが私の通ってきたルート、といったところでしょうか。

【これからしばらくはチャンスタイム!?】
本当はもう少し手短に紹介したかったのですが、いろいろとポイントがあるので、ついつい私もノッてしまい長文になってしまいました。Omiaiを利用してよいパートナーとの出会いのきっかけを掴むポイントの重要点をまとめ、終わりにしたいと思います。
まずはプロフィールをしっかり作る。笑ってゆるせる範囲の“盛り”はセーフですが、ウソはNGです。正直に、かつ相手に興味を持ってもらえるようなプロフィールづくりを時間を掛けて行いましょう。
続いては、どんどんいいね!するということ。この人最高! という相手はそんなに見つかりません。ちょっと気になればいいね!してみましょう。そこでマッチングとなってメッセージのやりとりをしているうちに、実はすごいイイ子だった…なんていうのはいくらでも出てきます。プロフィールはあくまでも自己紹介。そこにばかり気を取られないことが肝心です。
そして、マッチングとなったら相手を引かせない程度に積極的にリードしてあげましょう。もしあなたが内気で、リードが苦手だとしても、自分ではちょっとでしゃばり過ぎかな? というぐらいでちょうどいいのです。
という感じで、新生活が始まったこの時期は、1年で最も出会いのチャンスが多い時期。皆さんもOmiaiでイイ出会いを見つけてください!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *